おいしく晩酌

おいしい焼酎

毎日飲んでも飽きないおいしい焼酎

お酒を一日の楽しみにしている人は日本人では老若男女問わず多いことでしょう。
飲むお酒は自由ですが、カクテルやチューハイ、日本酒やビールなどに混じって、必ず候補に挙がるのが焼酎です。
これは毎日飲んでも飽きない魅力があり、ご当地ものは芋やそばなど特別な素材で作られているので、大変深い味わいがあります。
スーパーで売っている大手メーカーの商品もかなりのレベルですが、こればかり飲んでいると面白みがありません。
そこでいろいろなジュースなどと混ぜて飲むスタイルが定着しました。
単にサイダー割りにしても十分おいしいですが、トマトジュースや牛乳など、一見するとお酒に合わないような飲み物で割ると、思ったよりはるかにおいしくてびっくりします。
飲みが習慣化している人にとって、一日一回お酒を飲まないと調子が悪いでしょう。
飲みすぎにさえ注意すれば、お酒は健康にもいいですし、何よりみんなを陽気にしてくれる類まれなる力があります。
特に焼酎を好む人たちは、お酒が体に与える健康効果や、プリン体の少なさなどに注目しています。
毎日飲み続ける場合は自分なりの工夫も必要ですが、おつまみと飲み方を考えれば飽きることなくこのお酒を楽しめます。

ブームを超えたブームの焼酎

焼酎の原料には麦・いも・米・そば・黒糖・そばなどがあります。
焼酎は色々ある酒類の内で原材料を限定しないお酒で、有名なものがいも焼酎ですが、ブームを起こしたのは麦でした。
軽やかな香りを放つ麦は大麦でビールを作るときの材料と同じものです。
麦には六条大麦と二条大麦があり、二条大麦がビールなどに使われます。
特徴としては粒が柔らかく、表面の穀皮が薄い麦であれば削りとる部分が少なく、使用する部分が全体の割合に比べて多いことがあげられます。
またでんぷん質の高い麦である方が味に深みを出せます。
さつまいもは「コガエンセンガン」と「ジョイホワイト」という品種を使いますが、これにはさつまいも独特の香りが好まれなかった過去から都会で好まれるいもをと、原材料を見直すことからはじめました。
この専門のいもである「ジョイホワイト」は加熱しても甘みがなく食用としては不向きながら、でんぷん質が豊富でフルーティーな香りを実現することができました。
そばは麹菌がつきにくいのでそば麹を作れないために100%そばではなく、米麹や麦麹で作られます。
飲み方としては、パーシャルショットというアルコール度数の高いお酒を冷凍庫に入れて、冷たくして飲むのみかたです。
原酒や初留取りなどアルコール度の高いものが白濁してとろみを帯び、滑らかな舌触りになります。


Valuable information

犬のしつけ教室

医療用ウィッグ

埼玉の安い貸倉庫

Last update:2018/10/12

『焼酎』 最新ツイート


Fatal error: Class 'Abraham\TwitterOAuth\TwitterOAuth' not found in /home/ywx3cpgo/mexicomta.com/twitteroauth/tweet.php on line 136